当院のご紹介

プラマ鍼灸治療院とは

プラマ鍼灸治療院
プラマ鍼灸治療院は2010年5月に渋谷桜丘にて開院し、2018年8月に現在の場所に移転いたしました。院名の「プラマ」とはハワイ語で「大事にする、大切にする」という意味の言葉です。私たちは鍼灸を通して、健康(環境、状況の変化に上手に適応できること)を保ち元気に過ごせるように皆様ひとりひとりを大切に、その方の生活の質の向上を目指してサポートさせていただきたいと思っております。


ここ数十年の間に人々を取り巻く生活環境、社会環境は様々な技術の進歩によって大きく変化をしてきました。機械化、効率化が進み、便利になると同時に24時間休みなく社会は動き、変化のスピードもどんどん速くなってきました。生活環境や社会環境が大きく変わっていく中で、人間のからだそのものの進化は殆ど無いにも関わらず、変わりゆく環境に適応していこうと必死な状況です。


からだにかかる負のストレスは短期的なものであれば問題にはあまりなりませんが、長期化してくると徐々にからだのコントロール機能がうまく働かなくなり、だんだん疲れの蓄積、免疫力、回復力の低下が起こり始め、からだにさまざまな症状となって不調が現れてきます。


当院では、現在出ている症状に対しての部分的な施術だけではなく、日常生活でのさまざまな癖や習慣などによって引き起こっている体の変化にも注目し、全身を診ることに重点をおいた施術を行っております。心地よいはりとお灸施術によって、もともとからだに備わっている自然治癒力、回復力を引き出し、からだの調整機能を整えていく事を第一の目標にしています。


またおひとりおひとりの施術効果を確認把握し、治療経過を観察していく為に基本担当制でマンツーマン施術をしております。施術中は担当者が同時に複数の方を診ることはありません。落ち着いてゆったりと施術を受けて頂けます。健やかな毎日を送る為のからだのケアに、ぜひプラマ鍼灸治療院をご利用ください。




地図、アクセスについて

院長 杉山 英之

院長写真

資格:はり師・きゅう師 国家資格

所属団体:日本鍼灸師会・東京都鍼灸師会

会員:全日本鍼灸学会・卒後鍼灸手技研究会

経歴:2000年 はり師、きゅう師国家資格取得 鍼灸整骨院と鍼灸マッサージ院にて約10年勤務 
   2010年5月に渋谷区桜丘にてプラマ鍼灸治療院開院 
   2018年8月に現店舗に移転 現在に至る

副院長 杉山 知子

副院長写真

資格:はり師・きゅう師 国家資格

経歴:2004年 はり師、きゅう師国家資格取得 鍼灸院にて約6年勤務 
   2010年5月よりプラマ鍼灸治療院にて勤務 現在に至る